ラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーションのライブに行ってきました。

@ビルボードライブ大阪。

ラリー・グラハムはベーシストで、スラップ奏法を生みだした元祖です。彼が世界で最初にやったかどうかはわかりませんが、世に広めたのは間違いなくラリーです。60年代にスライ&ザ・ファミリーストーンというバンドに在籍し、ヒット曲を連発し、脱退後は自身のバンドを率いて活動を続けました。そのバンド、GCSでの来日です。

ここ数年頻繁に来日していて、毎回観に行ってますが、回を重ねるごとにお客さんが増え、盛り上がりも増しているように感じていました。ラリーをネ申と仰ぐ僕としてはうれしい限りですが、チャージが値上がりしました・・・・。

そりゃ市場の原理ですね。ええ、ラリーのプレイを拝めるなら安いもんです・・・。

梅田茶屋町でレッスンが19時までで、2ndの開演が19:30だったので、レッスン終わってダッシュでビルボードへ。僕はカジュアル席を予約していましたが、草津のグループレッスンの生徒さんたちも皆で観に来ました。

ライブは定番の曲も抑えつつ、マニアックな曲も聴けて、僕みたいなオールドファンの期待も裏切らない内容でした。2曲オベーションのエレアコベースでアコースティックコーナーがありましたが、思いっきりスラップかましてました(笑)

終演後サイン会があって、生徒さんたちがCDを買っていたのでサインをもらうのに並びました。一緒に並んで僕もスマホにサインをしてもらいました。

サイン会にはボーカルのシェルビー・Jとラリーとラリーの奥さんのティナがいました。

ティナは一時期GCSのボーカルとして在籍していました。彼女のレパートリーで僕が好きな曲があって、

「I LIKE YOUR VOICE,I LIKE「MY RADIO SURE SOUNDS GOOD TO ME.」

と伝えたらかなり喜んでくれて、隣のラリーに

「ちょっと、ラリー、聞いて!ラリーにあなたが今言ったこと言ってあげて!」みたいな事を言われました(笑)

握手したラリーの手はやはりデカかったです。まだまだ元気なレジェンド、次の来日公演も必ず観に行きます!

投稿者:

yusukehaga

羽賀勇介(はが ゆうすけ) 1976年3月16日生 東大阪市出身 高校1年生の時にBOΦWYを聴いて音楽に目覚める。ほどなくベースを手にする。 ロック、ポップス、メタル、ジャズ、ラテン…学生時代より様々なジャンルの、数々のバンドを経て、 現在は関西を中心にライブハウス、バー、イベント等でのバンド・サポート活動中。またウクレレプレイヤーとしても活動しており、イベントやデモ演奏を精力的に行っている。 ヤマハ認定講師として関西の教室でエレキベース・ウクレレの講師活動も行っている。 大阪市東成区今里で羽賀エレキベース・ウクレレ教室を開講。 http://yusukehaga.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。