節酒で健康診断の数値が劇的快復!

CCF20150726_01 CCF20150726_02僕に近しい方ならご存知かと思いますが、僕はお酒が大好きです。よほど体調が悪い日でない限り365日中365日飲んでいます。「飲むために仕事をしている」と豪語するくらいに。

で、今までも検査結果をUPしては気を付けなければ・・・!ってつぶやいていましたが、いよいよガチアラーム。

☆γ-GTP 166(基準値12~87) アルコールによって破壊された肝臓の酵素の血液中の濃度。酒飲みの指標みたいなもんです。

☆中性脂肪 693(基準値40~149) 僕は野菜・魚大好きで、脂っこいものはあまり好きではありません。にもかかわらずこの数値。アルコールによって肝臓が脂肪酸を分解する力が失われた結果です。

☆尿酸 8.1(基準値3.6~7.0) 最近CMでもよく聞く「プリン体」の摂取が主な原因。ビールが代表的ですが、僕が普段飲んでいるプリン体の少ない焼酎でも、アルコールが体内で分解される際に尿酸が作られてしまいます。7.0以上が黄信号、8.0以上が赤信号。いつ痛風になってもおかしくない状態。

酒飲みを自称し、不健康自慢をされる方にとってはヒヨッ子レベルかもしれませんが、体が資本の自営業。長く演奏活動を続けたいので、節酒しました。さすがに禁酒は無理でしたが、改善に向けて頑張りました。二か月間、二日に一日くらい休刊日を設けました。その結果。

☆γ-GTP 49
☆中性脂肪 154
☆尿酸 4.7

中性脂肪だけ基準値をほんの少し上回りましたが、劇的な正常化!

まぁ明らかにお酒が原因だったし、それを控えればよくなるのはわかっていましたが、10年以上続いた飲酒がそんな短期間の節酒でここまで快復するとは思っていなかったのでうれしい誤算です。

結果が出てからは気が緩んで休刊日を週二くらいに減らして(笑)ます。これからも楽しい演奏とおいしいお酒を大事にしたいので、体をいたわりつつやっていきたいと思います!

もっと見る