新しいベースのケースを買いました。

ベースを持ち運ぶのに必要なケースには、大きく分けて3つのタイプがあります。

○ソフトケース

○セミハードケース

○ハードケース

上から下に行くに従い保護力、価格、重さの値が大きくなります。

ソフトケースが一番軽量ですが、保護力が低く、高価な楽器を持ち運びするには不安があります。ハードケースが一番頑丈ですが、ものすごく重たいので長時間の持ち運びには不向きです。

なので私はセミハードケース派です。今までTRIBAL PLANET製のケースを使っていました。この商品が出た当時(’04頃)私は楽器屋で働いてまして、ケースを探していたところ卸業者の方から勧められ、従業員割引で4千円程度で購入しました。軽量かつ保護力も優れ、長年にわたって本当に活躍してくれましたが、さすがにかなりガタが来て、買い替えを決意しました。

同じ商品はすでに入手不可能になっており、様々なケースを検討しました。保護力、重量に加えて小物の収納量や肩への負荷、耐水性etcいろんな要素を考慮して、王道のmonoのケースに決めました。

IMAG0401

monoでも数種類のケースがありますが、M80 VERTIGO BASS CASEをチョイス。ベースを入れて背負ってみましたが、体への負担が少なく感じました。これから使っていく中でいろいろ気づくこともあると思いますが、厳選しただけあっていい買い物ができたと思います。

大切な楽器を保護して一緒に連れてきてくれるケース。これからこいつといろんなところを旅したいと思います。

※下の写真はお疲れ様でしたのTRIBAL PLANET。

IMAG0402

hiro with ’80sライブ

80年代の女性ボーカル曲のカバーを中心に活動しているhiro with ’80sの二回目のライブです。

僕の世代どストライクな(ZIGGYやBOφWYのコピバンさんとの対バン)アツいイベントに参加させてもらえてテンション最高潮で臨みました。

SET LIST

1.PRETTY WOMAN(木村カエラ)

2.学園天国 (小泉今日子)

3.抱いてくれたらいいのに(工藤静香)

4.嵐の素顔(工藤静香)

5.気分爽快(森高千里)

6.サラバ、愛しき悲しみたちよ(ももいろクローバーZ)

encore1.私がオバさんになっても(森高千里)

encore2.木枯らしに抱かれて(小泉今日子)

一部80年代ではない曲もありますが(笑)。僕たちも頑張ってイベントを盛り上げようと取り組んでいましたが、それ以上にお客さんが「楽しもう!」という意気込みで来られているのが伝わってきました。お目当てのバンドだけでなく、対バンもシッカリ楽しんでいただけたと思います。

個人的には森高の「気分爽快」での踊りながら(左右に揺れてるだけですが)のベース演奏が大変でした(笑)。

「サラバ、愛しき悲しみたちよ」(ももクロの曲を布袋が作曲)では、布袋柄のヴァイオリンでBOφWY等の楽曲を奏でることで超有名なKayさんと共演しました。優雅かつカッコイイヴァイオリンのサポートができて光栄でした!

多感な10代に聴いた楽曲は体に染みついています。そんな世代の音楽好きな方たちにこれからも80’sの音をお届けできたらと思っています!