ROCKS vol.2 ライブ@千日前ANOTHER DREAM

嵐を呼ぶBAND、ROCKSの5ヶ月ぶりのライブでした。HARD ROCKの名曲の満漢全席。

このハコは15年ぶりくらいです。いかにもROCKなお店で、僕たちにぴったりだと思いました。

BASSはほとんどピック弾き、かつ歪みかけっぱなしです。なかなか悪い音出してましたよ♪

楽しい仲間とはっちゃけられるこういう場があるのは本当に嬉しいです。次回は未定ですが、きっと近いうちにお会いできると思います。ぜひ頭振りに来てください!

高槻JAZZ STREET2018

5月4日 15:00 り’あさ

ラテンジャズとクラシックの融合という他にないバンド、マシュカパピア1年ぶりのライブでした。

1.AMAPOLA

2.T・P’s ESPECIAL

3.剣の舞(ハチャトゥリアン)

4.MORNING

5.NIGHT IN TUNISIA

6.MAMBO MONGO

7.ピアノ協奏曲(チャイコフスキー)

8.革命のエチュード(ショパン)

今回はラテンジャズ多めでした。毎年高槻でのマシュカを楽しみにしてくれている方もいらっしゃって励みになります。また来年も出演できるよう頑張って活動します。

 

羽賀エレキベース・ウクレレ教室主催JAM SESSION

4月8日日曜日。この日はお昼にあべのキューズモールでデモ演奏でした。SAX、GUITAR、BASS、CAJONのカルテットでYAMAHAの教材曲を。1曲UKULELE DUOで「ルージュの伝言」もやりました。半野外なので肌寒かったですが、たくさんの人に足を止めて聴いていただき嬉しかったです!

そこから大国町のTAKE-5へ移動。羽賀教室SESSIONです。

今回もたくさんの方に参加していただき、本当に嬉しいです。常連さんも毎回何かしら新しいチャレンジをされていて、この場を楽しんでもらえてるみたいでよかったです。

セッション経験の浅い方は緊張されていますが、当然です。誰しもはじめはそうです。いつか怖さよりも楽しさが勝るように、できることから一歩ずつトライしてもらえたら、そんな場を提供していきたいです。

次回は7月16日(月・祝)に決まりました。また皆で楽しい音を紡ぎましょう!

 

ヴィクター・ウッテンのライブに行ってきました。

@ビルボードライブ大阪。

世界一上手いベーシスト、ヴィクター・ウッテン。何を持って上手いとか、オリンピックじゃないので誰かと比べてどっちが上手いとか音楽ではあまり意味がないなんて百も承知で、あえて言います。ウッテンより上手いベーシストもいるでしょうが、世界的認知度も考慮して。

10年前にSMV(スタンリー・クラーク、マーカス・ミラー、ヴィクター・ウッテン)のライブを観て以来の鑑賞です。今回はDrデニス・チェンバース、Saxボブ・フランチェスチーニとのトリオです。このメンバーでの新譜も買いました。

ピック弾き以外のありとあらゆるベーステクニックを駆使した超絶演奏でした。まぁ予想通りではありましたが、やはり生は迫力が違いました。僕も練習して200年後くらいには追いつきたいと思いました。

 

羽賀エレキベース・ウクレレ教室主催JAM SESSION

@大国町TAKE-5。

おなじみの方から初めましての方までたくさんの参加、感謝です。

僕はおとといにぎっくり腰をやってしまい、当日も昼まではどうなることかと思っていましたが、テーピング&湿布&痛み止め&皆さんのご協力でなんとか乗り切ることができました。初見に強い生徒さんたちにも助けてもらって、ホスト演奏以外はほとんど椅子に腰掛けて見守っていました。生徒さんに僕のピンチを助けてもらえたことが嬉しかったです。

次回は4月8日に決まりました。それまでに腰をバッチリ治してレイザーラモンHGになります!バッチこーい!

灰児MANブラザースバンドライブ@梅田B-FLAT

関西ロック界のカリスマボーカリストの八神灰児さん率いるバンドで、BOΦWYのコピバンイベントに出演しました。

高一でBOΦWYを聴いて音楽に目覚めてベースを手にしたときから僕の人生は動き始めました。

セットリスト

1、DANCING IN THE PLEASURE LAND

2、FUNNY BOY

3、CHU-RU-LU

4、”16”

5、季節が君だけを変える

6、JUSTY

7、TEENAGE EMOTION

8、LONDON GAME

encore DREAMIN’

BOΦWYの曲は、ベースがカッコイイ曲は少ないのですが(笑)、今回のはカッコイイ!もちろんルート8分弾きこそBOΦWYの真骨頂ですが、メロディアスやファンキーなフレーズもあるんです!

もちろんダウンピッキングオンリーですよ!普段からピック弾きしていないので練習の時は右腕が悲鳴をあげるのですが、不思議なもんで本番では勝手に腕が動くような感覚で弾けました。

JAZZもLATINも僕の音楽の大きな構成要素ですが、すべてBOΦWYからの細胞分裂であります。これからも機会があればBOΦWY弾いていきたいです!

ウクレレ・ナウ2017に参加してきました。

毎年恒例、YAMAHA音楽レッスンの一大ウクレレイベントに僕の生徒さんたちと参戦してきました。

チーム名はウクレレ・アミーゴス’17です。ここ数年は僕の好きなラテン音楽にこだわって選曲していましたが、これからは枠を取っ払って取り組みたいと思い、今年は「日曜メドレー」と題して「笑点テーマ」「おどるポンポコリン」「サザエさん」をメドレーでやりました。本番が最高の出来という結果で今後の生徒さんのモチベーションアップになると思います!

今年も後に仕事があるので最後まで居れませんでしたが、他のグループもいくつか見させてもらってアンサンブルの勉強になりました。これからも生徒さんと一緒に楽しい音を紡ぎ出していきたいと思います!

羽賀エレキベース・ウクレレ教室主催JAM SESSION

いつもの場所でJAMりましょう。大国町TAKE-5の羽賀セッションでした。

今回は参加者少なめでしたが、いつものメンツに加えて初めましての方もたくさん来られて嬉しかったです!

HIRO with 80’s、VERBEE VOYZで僕と一緒に活動したボーカルのhiroさんが参加してくれました!ポップスの曲をカッコよく歌ってくれてとても盛り上げてくれました。

JAZZもPOPSもウエルカムです!次回は来年1月21日(日)です。皆で楽しい音を紡ぎましょう!

 

新歌舞伎座にコンサートを観に行きました。

http://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/s20171006.html

「Around 40 MEMORY CONCERT」と銘打った、沢田知可子、中西圭三、中西保志のジョイント・コンサートを観に行きました。平日15時開演なので、お客さんは60代以上がほとんどと見受けられました。

3人で昭和の名曲のカバーメドレーを数十曲歌い、それぞれの持ち歌を歌うという構成。三人とも歌唱力はもちろん、個性と世界観を持っているシンガーなので、聴いていてそれぞれに引き込まれました。

ベタに沢田知可子の「会いたい」ではウルっとしてしまいましたが、会場中がそんな感じでした。歌の力ってすごいなと改めて思いました。そして「Choo Choo TRAIN」が中西圭三作曲と初めて知りました。

彼らの曲をよく聴いていたのは僕が高校の頃。あの頃に戻ったような時間の小旅行を楽しむことができました。